赤ちゃんの肌は白いですか?それとも黒い?

 

 

 

 

赤ちゃんの肌といえば、ぷくぷくしていてプルプルで、

 

サラサラしたキメ細かい色白美肌・・・

 

そんなイメージありませんか?

 

わたしは完全にこのイメージでした。

 

 

産まれたわが子は、
このイメージとは違い、「色黒な赤ちゃん」でした。

 

 

 

「黒い病気」・・・
心配になってわたしが医師に相談したときの話をしたいと思います。

 

 

ただただ、不安に襲われたときの話です。

 

 

同じように悩んでいるお母さんへの参考になれば嬉しいです。

 

 

私自身、この悩みと不安はとても辛かったので。

 

 

 

助産婦さんの第一声

 

 

不安で押しつぶされそうだった私に助産婦さんが言いました。

 

 

「病気じゃないわよ、白ちゃんじゃないでしょ、

 

赤ちゃんなんだから、赤黒いから赤ちゃんよ」

 

 

 

スーッと不安が消えた第一声でした。

 

 

なるほど!としか言えない答えが
返ってきて大きな安心を感じたのをおぼえています。

 

 

肌が薄いので、血の色が透けている、
赤ちゃんの血が濃い証拠だと言っていました。

 

 

だから、「赤ちゃん肌は赤黒い」と。

 

黒い病気ではないわよと。

 

 

だんだん日を重ねていくと、
段々と自然な肌色になっていく場合がほとんどだという事でした。

 

 

 

 

半年たっても色黒

 

 

助産婦さんの言葉に救われたのは確かですが、
生後3ヵ月経ってもまだまだ肌は黒く、
もやもやとした不安は消えませんでした。

 

 

黄疸がでると黒い赤ちゃんになると噂に聞き、
「赤ちゃん 黒い病気」などでネット検索もしていました。

 

 

 

わたしの子の肌は真っ黒というわけでもありませんでしたが、
どす黒いというのがピッタリな感じでした。

 

 

検診では、黄疸もなく、順調な成長を示していましたし、
医師も気にすることはないし検査することも治療することもないという答えでした。

 

 

たまに、足だけ白かったり、
指先だけ白かったりしていましたが、半年ぐらいはどす黒い赤ちゃんでしたね。

 

 

 

 

授乳が減ると白くなる?

 

 

1歳を過ぎると授乳の回数が減りますよね?

 

そのころからです、
赤ちゃん肌が安定してきたのは。

 

 

それまでは、黒い日があれば、
黒さが薄い日があったりとまばらだったのが、

 

 

授乳が一日一回、
二日に一回と減っていくにつれて、
まばらだった赤ちゃんの肌が安定してきました。

 

 

授乳を終えると、
黒さを感じないはっきりとした肌色に落ちつきました。

 

 

 

写真で見比べてみても色の違いがはっきりとわかります。

 

 

2か月〜6か月くらいは、
日本人離れしているというか、はっきり色黒です。

 

 

いまでは、日本人の肌色をキープしています。

 

 

 

わたしの母乳が黒くさせる要因だったんでしょうか?

 

母乳をたくさん飲む色白の赤ちゃんを何人も知っていますし。

 

 

母乳が赤ちゃん肌を黒くするなんて、
まぁそんなことはないと思いますが、

 

わたしのようなケースもあるよと、
同じような不安を抱えるママとパパに言ってあげたいです。

 

 

赤ちゃんはしっかり健診も受けているハズですし、
ママとパパの心配を少しでも減らせたら嬉しいです。

 

 

>>赤ちゃん肌人気1のバリア保湿剤なら♪